おばあちゃんが天に召された話

|
今朝、パソコン音痴の母親から珍しくメールが入っているので空けてみると、びっくりする内容だった。

お変わりございませんか。 卒業までもう少しですね。 
実は、岡部の母が三月三十日に亡くなりました。97歳、大往生でした。ひとつチューブに繫がれることもなく、苦しむこと もなく、父とおなじ97歳まで生きて、あの世に行きました。
名古屋と静岡の姉や兄たちと力を合わせこの五年あまりの日々 それぞれの家族の協力を得て、六人で精いっぱいやりましたので、私を含め、五人の姉や兄たちもなんの憂いもありません。 それぞれ、住む処も離れ。自分の生活に忙しく、ゆっくり会ってはなすこともありませんでしたが、父母の介護をとうしてまたいろいろ話したり、行動したり、助けあったりして素晴らしい日々でした。
母はこの二年ほどは子供たちの認識も難しい状態でした が、二年前は、お父さんと聡子も会いに行ってくれ、このお正月は理恵も会いに行ってくれたので、よかったです。 だ、五月は49日、8月は新盆と法事が続きます。
母の生きざまをとうして、多くを学びました。母の努力と忍耐はなんて、報 われないのだろう、と思った時もありましたが、母の葬儀を終え、そんなことはない、人は播いたものを刈り取るのだ、つくづく 実感しました。あらためて、そのことを感じ母から力をもらいました。 
卒業、帰国、就職とこれから多忙な日々と思いますが、体に気を付けてやったて下さい。さやかさんと子供たちによろしく。

亡くなったのがもう10日前で、葬儀もすべて終わってしまっていて、こんな大事な話、ちょっと連絡が遅いのでは!?とも思ったが、考えてみると、うちの両親は国際電話のかけ方も、よく知らないのかもしれない。。


おばあちゃん。

僕とおばあちゃんとの思い出は、それほど多くない。小さいころ、年末年始にちょくちょく静岡の岡部町にある家に遊びにいったのだが、中高生になるに連れて、年末年始は友達と過ごすことが多くなり、だんだん母の実家に行かなくなった。

でも、最後に僕がおばあちゃんにあったときのことは、非常に思い出深くて、大学生のころに、岡部にあるご先祖様の墓参りに母と、おばあちゃんと、妹たちと一緒に出かけたのだが、その帰り道、下り坂を歩いていくときに、90近いおばあちゃんは、僕の腕につかまって、ニコニコしながら、ゆっくりと道を降りていった。僕は、おばあちゃんの手をとって横にあるいていたのだが、とても幸せな気持ちになったのを、よく覚えている。


母からのメールの中でも汲み取れるが、母は随分、おばあちゃんの生き方から影響を受けたのだと思う。

若い頃に農家の家に嫁いだおばあちゃん。5人の子供を生み、朝は早朝から起きて働き、贅沢はせずに、勤勉で質素倹約な生活を送っていた。旅行に出かけた、という話も、一度も聞いたことがない。頑固でこだわりの強いおじいちゃんをひたすら忍耐して支えたおばあちゃん。そこには想像を絶する苦労があったようだ。


「人様にだけは迷惑をかけるな」

「できない約束はするな」

「人を騙すくらいなら、騙される方がましだ」


母が、実家で教えられてきたという人生のこれらの教訓は、間違いなくおばあちゃんから言い聞かされてきたことだと思う。そして、これらの教えは、おばあちゃんから母に、そして母から、子供の僕らに引き継がれていっていると思う。そして、僕も、おばあちゃんの教えと生き方を、子供達に伝えていきたい。

おばあちゃんは何年かまえから寝たきりになり、母を含めた子供達が介護をしていた。僕は卒業をしたら、瞬たちを連れて岡部に行きたいと思っていたので、それだけが本当に残念。


おばあちゃん、

孫らしいことがなにもできずに、本当に申し訳ありませんでした。

でも、僕はおばあちゃんが大好きでした。

おばあちゃんのように、僕も精一杯、自分の人生を生きて生きたいと思います。

いつかの日か、天国で、おばあちゃんに、僕の子供達を紹介できる日がくることを、楽しみにしています。

天国から、僕らを見守っていてください。


ケンジ




ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01