息子達とBYUを散歩する

|
ちょっとやらなければならないことがあったので、早朝7時に、子供達を連れてBYUを散策することにした。 こうした今の日常の風景も、日本に帰ったら、きっとさみしくなるのだろう。


タナーを出発し、ウィルキンソンに向かう。山の斜面にYが見える。

ウィルキンソンの入り口。


ここから地下に入って、長い廊下を歩く。


ウィルキンソン2階にある大きなBYUの写真。
「ここ登ったよね!」とYを指差す瞬。


ライドボード。こんなものがあるのはアメリカの大学くらいだろう。


入学してから数回しか使わなかったウィルキンソンのカフェテリア。


カフェテリアの向かいの広場。歴代の学長の顔とメッセージが垂れ幕になっている。


ファイナルの時期ということもあり、電光掲示板にはこんなものが。


BYUブックストアの入り口


これも。1906年って・・すごい歴史だ。


ブックストアの内部を探検する2人。


食料を調達。これがなくては、この2人は動きません。笑


食料を片手に、ブックストアを出たところ


受験時代に散々お世話になった図書館。
BYUの図書館は、地下3階にまで広がる大空間だ。


BYUの創始者、ブリガムヤングの像の前で。


ブリガムヤング大管長


愛すべき建物、マリオットスクールがあるタナービルディング。


ゴードン・B・ヒンクレービルディング。


タナーの入り口。


瞬がドアを開けてくれた。


ロッカーをいじる2人。開かないよ、そこは。


郵便ポスト


果てしない時間を過ごした旧MBAラウンジ。


クラスルームにて。将来のBYUの生徒!?


去年完成したタナー・ウエストウイング




ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01