Final Project その1Brand ManagementのBrand Audit

|
つい先ほど、最後のセメスターのアサイメントがすべて終了した。今セメはファイナルが一つもない、という前代未聞のセメスターだったが、その代わりにすべてのクラスでプロジェクトが見白通しで、最後はプロジェクトとペーパーのラッシュだった。

といっても、どのプロジェクトもチームプロジェクトだったので、個人の負荷というのはかなり軽減されていて、非常に楽だったのだが。


Brand Managementの最後のプロジェクトは、Brand Auditと呼ばれるものだった。グローバルブランドランキングトップ100社の中から一社を選んで、そのブランドを監査する、というもの。僕らが選んだブランドはSONYで、僕は今後の仕事のこともあり、非常に勉強になった。

ソニーといえば、デジカメやTV、プレイステーションなど、コンシューマーエレクトロニクスの分野が有名だが、どういう訳か、この分野の競合である松下やサムソンなどとは異なり、映画や音楽を手がけていたり、銀行や保険、決済サービスなどファイナンシャルサービスも参加に収めている。

なぜか。それは、SONYのブランドのコアをなすコンセプト(ブランドマントラ)は、イノベーション、テクノロジー、そしてエンターテイメントだからだ。特に、最後のエンタテイメントというのは重要で、ソニーはこのコンセプトを、ハードとソフト(コンテンツ)のビジネスを行うことによって実現しようとしている。

しかし、これは一長一短で、いろいろなシナジーを期待できる半面、会社としてのフォーカスがぼやけ、結果的にそれぞれの分野でのマーケットシェアの下落などに繋がったりしている。

また、これはソニーのジレンマの一つだと思うが、ハード機器メーカーとしては、すべてのソフトに対して中立でなければいけない反面、ソフトメーカーとしては、販売チャネルや再生機器などに対して独占的な取り扱いを求める傾向がある。これが、SONYが、Sony Musicを持ちながら、iTuneのような店をつくれなかった理由の一つではないかと思う。いや、Sony Musicを持ちながらではなく、持っていたからこそ作れなかったのだ。iTuneのような店を始めたら、競合の製品も自社のものと同列に扱わなければならないのだから、Sony Musicはきっと大騒ぎするのだろう。


いずれにせよ、今後Sonyは様々なジレンマや課題を抱えながらも、イノベーション、テクノロジー、そしてエンターテイメントの3つのコンセプトの元にさらに事業を進めていくに違いない。トータル・エンターテイメント・カンパニーを目指して。

ファイナルプレゼンテーションのスライドの一部
sony_positioning.jpg



ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01