一週間ぶりの学校

|
一週間ぶりに学校に行き始めた。ユタでは昨日からサマータイムが始まって、一時間時間がずれた。お陰で、8時のクラスが7時の時間帯に始まり、眠くてたまらない。

ビジネススクールのクラスを一週間休む、というのは結構大変なことで、日々のアサイメントやグループミーティングなどをすべてスキップするため、キャッチアップが本当に大変になる。

恐る恐るクラスに出ては、先週の様子を聞いて回っているのだが、ラッキーなことに、特に大きな動きやアサイメント、クイズはなく、一週間を終えることができたようだった。


驚いたのは、ブランドマネジメントのブランド・コンペティションで勝ったこと。数週間前に、Brick Ovenというビザとパスタのレストランがクラスに来て、ブランドコンサルティングをMBAの生徒たちに依頼。日本に行く前の週に、それをそれぞれのチームが提案をプレゼンテーションしたのだが、日本滞在時に結果発表があって、一位だったらしい。

僕 「マジで?冗談でしょ?」

ブラジル人チームメイト 「ホントだよ、ホント。」

始めは信じられなくて、チームメイトたちが冗談を言っているのかと思ったが、何度確認しても一位だというので、本当だったようだ。確か、一位のチームには、賞金1000ドルが支払われるはずだ。これはチームの皆で山分け。プレゼンテーション前に、下見という名目で、家族でランチを食べに行ったのだが、

社長(妻) 「味はまあまあだけど、値段が高いわね」

と社長(妻)には不評。でも、結果的に、投資の価値はあったということだ。ふっふっふ、投資なくして回収なしですよ、社長。・・・でも、どうやって受け取るんだろう?



インターナショナルマーケティングのクラスに行くと、韓国人クラスメイトのカイルが、ニヤニヤしながら話しかけてきた。

カイル 「昨日の野球の試合見た?」

僕 「あっ!ちょっと待て!」

WBCの結果のチェックをすっかり忘れていた。すぐにネットのニュースサイトを開くと、「韓国1-0日本」の文字が。

僕 「・・・・・・。」

カイル君、この雪辱はアメリカで返させてもらうよ(といっても、プレーするのは僕ではないけど)。



ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01