キャリアを考える技術・つくる技術

|
30833512.JPG日本滞在時に、購入して面白かった本の一つが、グロービスの キャリアを考える技術・つくる技術。この本は、今後、個人のキャリアがますます多様化する中で、真のキャリアを手にするためにはどうすればいいのか?について、日本人の立場から論じた本で、「企業ニーズ、競争相手を知る⇒自己分析⇒キャリアゴール設定⇒キャリアステップを考える、実力を高める、狙った舞台を獲得する」という、具体的なキャリア構築アプローチ方法を教えてくれる。

この本のよいところは、その中に書かれている豊富な事例で、実際に次のキャリアに悩んでいる多くの人々が登場し、キャリアカウンセラーとのやりとりの中で、進路について気付きを得てゆく。非常に分かりやすい本だ。


しかし、キャリアというのは難しいもので、この本の中に出てくるような、いわゆる理想的なキャリアを歩んでいっているような人は本当にごくわずかなのではないだろうか。

また、日本という社会は、とかく道を一度はずれてしまった人たちに厳しく、一度ニートやフリーター、契約社員などになってしまうと、その世界から抜け出すのが本当に難しい。

その点、アメリカは日本よりももっとキャリアの選択肢が広いような気がする。それは、おそらく、アメリカが日本よりも多様性を重んじる文化であることと、成功者を輩出することに長けていて、起業などのオプションがもっと身近だからなのかもしれない。




ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01