MTCの仕事とチームメンバーについて

|
MTCでのアルバイトも、はや4ヶ月が過ぎた。MTCで働いている、とクラスメイトに言うと、「日本語を教えているのか?」とよく聞かれる。

確かに、BYUの学生の中でMTCで働いている人の多くは、語学の教師だ。しかし、珍しいことに僕の仕事は教材開発。

具体的に何をしているのかというと、日本に行くNew Missionariesのために、TALLと呼ばれる日本語のプログラムの最新バージョンを開発しているのだ。このTALLというプログラムは、ネイティブスピーカーが日本語を話しているところを撮影して、それをベースに、文法、単語、イディオム、文化などいろいろな要素を追加していくもので、日本語の他にいろいろな言語が存在する。

で、僕は、撮影のマネージャーを主たる業務として担当している。役者さんの採用、スケジュール調整、撮影チームとの交渉、撮影の監督、撮影したビデオの選定、翻訳などなど。。。


去年までは僕とセス君だけだったチームメンバーも、年が明けてから新たに3人が加わり、5人のチームメンバーで毎週楽しく仕事をしている。

日本人は僕ともう一人女の子がいるのだが、彼女のお兄さんは昔僕と同じ大学に通っていて、学食で何度か食事をした仲だ。

他の3人は、全員アメリカ人なのだが、皆日本での滞在経験プラス、言語学の修士プログラムに在籍していて、とにかく日本語がうまい。

まずセス君は、昔Fukuoka Missionにいて、Undergraduateのときから日本語を専攻している、完全日本語人間だ。戦争や日本の文化などにも詳しい。二日前にオフィスで会ったのだが、天気がよかったせいか、「春が来たー、春が来たー、どーこーにー来たー」と歌いながら現れた。彼は奥さんも日本で英語の先生をしていたことがあるそうで、夫婦そろっての親日派だ。


次は、日本人とのハーフのハワイ人の女の子で、イブちゃん。お父さんが日系で、苗字はOkura(大倉?)。といっても、日本語はネイティブではなく、Nagoya MissionとBYUで学んだもの。Undergraduateでは、考古学を専攻していて、修士プログラムで日本語を勉強している。


最後は、コリー君。彼はまだ独身だが、岐阜県に住むフィアンセがいて、8月に結婚予定。先日、昔Nagoya Missionにいた、というので、ふと聞いてみた。

僕 「そういえばさ、コリー君、ゆうぞうって知ってる?僕の義理の弟なんだけど。」

コリー君 「え、苗字は?」

僕 「Fカワ。」

コリー君 「えー、彼なら、僕の同僚だったよー。」

僕 「ナヌー!」


そういうことらしいよ、ゆうぞう。世界は狭いね。





ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01