Crucial Conversation ─楽しい、おいしい、そして為になる、三拍子そろったMBAクラス

|
6a00d8341c049553ef00e55187965e8833-800wi.jpg昨年、僕以外の日本人MBA生徒が全員履修していたのが、このCrucial Conversation。履修登録のその日に満席になる、超・人気クラスの一つだ。


このクラスの先生は、Kerry Pattersonといって、元BYUの教授だった人だ。彼は、ベストセラーである、Crucial Conversationsの著者の一人だ。
この本は、2万5000人ものトップ・パフォーマーの対話術から導き出された、誰にでも使える最新のコミュニケーション技術を紹介している本で、著者の一人であるケリー・パターソン博士は、他のパートナー達といっしょに、この本のコンセプトを教育するための会社、VitalSmartを設立し、その際にBYUを退職している。


このクラスは、噂に違わぬ太っ腹ぶりで、最初のクラスで、Crucial Conversations、ほか2冊の合計3冊を履修する生徒たちに無料配布しれくれた上、クラスが夕方5時からのため、食事まで出るという、驚くべきクラスだ(ちなみに今日はパンダ・エクスプレスの中華)。


アメリカでこれだけのベストセラーなら当然だが、邦訳もある。邦訳は、言いたいことが、なぜ言えないのか?―意見の対立から成功を導く対話術というタイトルで、英語と比べると、随分回りくどい訳になってしまっている。


火曜日は、朝7時からと、夕方のこのクラスの2つだけで、とにかくやりにくいスケジュールで履修を迷っていたのだが、今日出席し、あまりの面白さに、履修を決定。


KerryPatterson.jpg今日のクラスは、普通の会話の中に見られる、いろいろなロジックの誤りを、15のパターンに分けて学んだのだが、ハイテク機器を利用した、クイズ形式で、かなり面白くて、勉強になった。


プロのファシリテーターよろしく、ケリー・パターソン博士は、軽快な語り口と、ユーモア、そして参加型のクラス形式で、まったく飽きを感じさせない一時間半だった。BYU MBAに来る人は、トラックに関わらず、必ず履修したほうがよいクラスの一つでしょう。


とにかく、最後のセメスターなので、このクラスでしっかりと交渉力を磨いて、これから社長(妻)からのプレッシャーをかわすスキルを伸ばしておこうと思う。

社長(妻) 「交渉力うんぬんの前に、まずはちゃんとお皿くらい洗ってよ。あんたが洗うと、いつもご飯粒がついてるのよ!これじゃ、私の仕事が増えるじゃないの!(怒)」

僕 「ヒー」

ロジックの誤りどころか、正論過ぎて反論もありません。。




ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01