2008年冬のセメスター: 2008年9月アーカイブ

企業変革の8つのステップ

|
4822242749.jpg今回のセメスターに入って、僕の履修しているいくつかのクラスで頻繁にきくようになったキーワードが二つある。

それは、「Comperitive Advantage (競争優位)」と「Leading Change (変革)」だ。競争優位についての話は別の機会に譲るとして、Strategy Implementation のクラスのアサイメントは、かの高名なジョン・コッター博士の「Leading Change」という記事だった。

コッター博士は、ハーバードビジネススクールの教授で、企業変革やリーダーシップの分野で、数多くの論文を発表されている。ちなみに今回の論文も、ちゃんと邦訳されていて、企業変革力タイトルで出版されてる。

めまぐるしく環境が変化してゆく昨今の状況下では、企業が存続していく上で、絶えざる変革、というのが必要になっていくわけなのだが、今回の記事では、変革のプロセスを8つに分けて、何をすべきか、またどのような陥り易い問題点があるのか、示唆に富んだ提案を投げかけてくれている。

下記が、コッター博士が提唱する8つのプロセス。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

変革を導く8つのステップ


ステップ1.緊急性を生み出す

・市場と競合状況を吟味する
・現在と将来における危機と、主要な機会を認識し、議論する


ステップ2.強力な変革を導くグループを結成する

・変革を導く上で、十分な力を持つメンバーを集める
・グループを、チームとして働くよう励まし、強める


ステップ3.ビジョンを作り出す

・組織変革の方向性を指し示すためのビジョンを作る
・そのビジョンを実現するための戦略を考え、策定する


ステップ4.ビジョンを浸透させる

・ビジョンを伝達するためのあらゆる手段を用いて、新しいビジョンと戦略を浸透させる
・変革を導くグループメンバーが模範を示し、新しい行動様式を教える


ステップ5.他の人々をビジョンに従って行動するよう、励まし助ける

・変革のための障害を取り除く
・ビジョンを弱めるシステムや組織構造を取り除く
・リスクを取ること、また、今までにやったことのないアイデアや活動、行動を実行するよう励ます


ステップ6.短期的な勝利を計画し、生み出す

・目に見えるパフォーマンスの改善を計画する
・改善を実行する
・改善に携わった従業員を見出し、報いる


ステップ7.改善を統合し、さらなる変革を生み出す

・ビジョンに合致しないシステムや組織構造、ポリシーを変革するために、今まで蓄積した信頼を活用する
・ビジョンを実行に移すことの出来る人材を採用し、昇進させ、教育する
・新しいプロジェクトや課題、変革推進者を再活性化する


ステップ8.新しい方法論を制度化させる

・新しい行動様式と会社の成功とを結びつける
・リーダーシップ開発と継承を確保するための手段を開発する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前、IBMを復活させたルイス・ガースナーの「巨象も踊る」を読んだが、コッター博士の提唱されているプロセスと、ガースナー氏がIBMで行ったことはかなり重複する面があって、面白いと思った。

コッター博士は、記事の最後に、簡潔なビジョンこそが、人々を導く上で重要な道しるべになることを強調されていて、この点も大変興味深い。

博士はビジョンを、「Picture of the future (未来の絵)」と呼んでおられるのだが、「Picture of the future 」は企業だけでなく、個人の人生にも大いに必要なものだ。以前から常々感じていることだが、人生というのは、自分の理想以下になることはあっても、理想以上のものにはなりえない。だとすれば、日々高い理想やビジョンを持って、生活することは本当に大切なことだと思う。

という訳で、今日は高いビジョンならぬ、高いところに行くべく、これからけんさん、ケニーと一緒に、念願の「Y」に登ってくる予定です。登頂の結果は、またブログに掲載したいと思います。

ついにFall Semester がスタート

|
昨日から、ついに秋のセメスターが始まった。昨日、今日は最初のクラスなので、どのクラスも宿題があまりなく、気軽に出席できる。

現在僕が履修する予定のクラスは次の9つ。

Mgmt & Information Technology
Intro to Global Management
Retail Practicum
Personal Financial Planning
Leadership 2
Sales Management
Creating & Manag New Ventures
Strategy Implementation
Readings & Conference


このうち、3クラスがコアのクラスになる。唯一の悩みどころはPersonal Financial Planning。面白そうだし、将来的に家庭で絶対に役立ちそうなのだが、クイズや計算など、結構いろいろやることがありそう。

しかし、OBHRでMBAに入学したのに、気づくとマーケティングやアントレのクラスばかりを履修している。

果たして今回はどんなセメスターになるのか。楽しみだ。

プロフィール


明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


BYU MBA日本人会公式サイト↓


累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信   アクセスアップ

2008年冬のセメスター: 2008年9月: 月別アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01