日本に到着

| | コメント(2)

けんさんと、シャトルを使ってWymountを夜中の3時半に出発し、6時のフライトでロスへ向かった。6時の飛行機は、40分遅れたのだが、その理由が、担当のフライトアテンダントが風邪をひいたから、とのこと。

「日本じゃありえないよね。」

と、けんさんも苦笑。

 

ロスでは、2時間ほど待ち時間があったのだが、マイレージの特別な会員だというけんさんのおかげで、レッドカーペットなるラウンジで休憩することができた。これがすごくて、飲み物、スナック、果物が食べ放題で、心地のよいソファや、雑誌、ワイヤレスのインターネットまでついてくる。

お金を払えば、会員になれるのかと思いきや、かなり飛行機に乗る人でないと、難しいとのこと。・・・というわけで、もうここに来ることないだろうと思いながら、ああ、こんなところにも格差の壁があったのか、下々の人間である僕は、妙に感心し、眠りに落ちた。

 

dsc022560yt.jpg
ロス発成田経由の飛行機も快適で、11時間のフライトは、ひたすら、睡眠、映画鑑賞、テスト勉強のサイクルを繰り返した。日本時間の4時に日本に無事に到着し、空港でけんさんと別れた。いやあ、快適な空の旅を、本当にありがとうございました。

 

成田からの電車で、乗り込んだ瞬間、妙な違和感を覚えたものの、走り出して数分もすると、完全にその雰囲気の中に溶け込んでいる自分を発見し、自分はやっぱり日本人なのだな、と思ってしまった。

 

結局、多摩の実家には丁度夜の8時に到着。着陸から4時間もかかってしまった。ユタから4時間といえば、ラスベガスの一歩手前か、アイダホまで楽々到着してしまうくらいの時間なので、こうした距離と時間の感覚の差というのも面白いものだ。

 



ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • コメント(2)

    kitty :

    お帰りなさい!クリスマスと年末年始は日本で過ごすのかな?
    ゆっくりと日本を満喫(?)してね!

    管理人 :

    kittyさん、ありがとうございます。もうママなんですよね?信じられません。

    コメントする

    プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01