Mixer for 2nd Year MBA Students

|
久しぶりにミキサーが開催された。ミキサーというのは、日本語だと交流会という意味になるのだろうが、MBAのミキサーはそれぞれ目的があり、交流会というよりも、何らかのプレゼンテーションを聞く、という感じ。参加者の最大のモチベーションは無料のランチなのだが、今回も多分に漏れず、ターキーサンドイッチが出た。

今回の対象は2年生で、ほとんどすべての学生が参加していた。教会が母体になっているここBYUでは、宗教教育とプロフェッショナルトレーニングが切り離せないものとして認識されている。ディレクターのクレック・メレルが、BYUMBAで学ぶことの意義を再度強調していた。

感動したのは、今年の夏にガンで子供を亡くしたトム・グレゴリーが語った彼自身の経験。

BYUで学んだ経験は、僕たち家族にとっては、本当に特別なものになった。去年、僕の子供がガンだと診断されたとき、僕はまず自分のチームメイトたちに事情を話した。すると、みんな、ファイナルまでのすべてのアサイメントは、残りのメンターでやるから心配するなと言ってくれた。また、MBASA(MBA奥さん会)からも、入院中、ベビーシッターや食事の提供など、数え切れないほどの助けを貰った。今年の8月の葬式のときは、葬儀の費用すべてを、MBASAが集めて賄ってくれた。それ以外にも、BYUの教授や教員達が、励ましのメッセージを添えて、ガソリンを買えるカードや、いろいろなギフトカードなどを本当にたくさん送ってくれた。本当に、皆の励ましや助けには感謝している。

トムと同じクラスになったことはそれほど多い訳ではないが、公の場で彼自身から、息子に関わる話を聞くのは僕自身は初めてのことだった。トムが経験したことは、BYUらしさを物語る、一つの経験だと思う。



ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01