CAN CHANGE ─新しいアメリカ合衆国大統領が誕生

|
11月5日、長きに渡って繰り広げられた、世界最高権力の座ともいえる、アメリカ合衆国大統領選挙の戦いに、初の黒人候補であるオバマ上院議員が終止符を打った。

election2008.jpg
この日は、クラスに出席すると「I Voted」の赤いバッジをつけたクラスメイトを何人も見た。上の図を見ても分かるとおり、ここユタ州は保守共和党の牙城であり、多くの人はマケインに投票したのだが、結局は前評判通り、オバマ氏がリードを守りきり、大統領に選出されることになった。

このオバマ氏は、黒人と白人のハーフであり、ハーバードロースクールで博士号を取得しているものの、州議会議員の他は上院議員1期のみで、政治経歴は例外的に短い。

通常なら懸念要因になるようなバックグラウンドも、、外交ではアフガニスタンでの戦争が泥沼化し、経済では、サブプライム問題に端を発した金融危機により、大恐慌以来ともいえる行き詰まりを見せるなど、混迷の最中にいるアメリカにとっては、変革のリーダーとして映ったようだ。

実際、しがらみのない彼は、多くの面で他の候補者達とは違ったが、その一つが政治献金。従来の選挙では、企業や団体からの大口の献金に頼って選挙戦を展開してきたが、オバマ氏はネットを通じて、彼の政治理念に賛同する人に、5ドル、10ドルといった小口の献金を呼びかけ、9月1ヵ月間にオバマが集めた献金は150億円に上ったという。


最後に、最も有名なオバマ氏の演説の抜粋を掲載しておきます。

There's not a liberal America and a conservative America-there's the United States of America.There's not a black America and white America and Latino America and Asian America; there's the United States of America.

リベラルのアメリカも保守のアメリカもなく、ただ“アメリカ合衆国”があるだけだ。黒人のアメリカも白人のアメリカもラテン人のアメリカもアジア人のアメリカもなく、ただ“アメリカ合衆国”があるだけだ

この地球に暮らす一市民の僕としては、彼がこの一致を呼びかけるメッセージをアメリカだけでなく、世界にも広げてくれることを願うのみです。



ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01