eBayとHP ─企業文化について考える

|
610x.jpg次のStrategy Implementationのアサイメントは、メグ・ウィットマン率いるeBayのケースと、カーリー・フィオリーナが退任した直後のHPのケースだ。どちらも、30ページ弱のなかなかのボリュームだが、とにかく面白い。eBayとHP。僕にとって両社は今年一月のシリコンバレーツアーで本社を訪問する機会を得た会社であり、その意味でも、読んでいて非常に楽しいケースだ。


メグ・ウィットマン、かーりー・フィオリーナー共に、アメリカを代表するハイテク企業の女性経営者であり、ウィットマン氏はハーバードでMBAを、フィオリーナー氏はMITでそれぞれMBAを取得しているなど、共通点は多い。


今回のケースのポイントは、コーポレートカルチャーをどのように扱うのか、というものなのだが、二人のアプローチが対照的で興味深い。

fiorina2.jpg創業者とのコミュニケーションを常に重んじ、彼らが作り上げた企業文化を大切にしてはぐくみながらビジネスを拡大してきたeBayのウィットマンに対し、コンパックの合併などで創業者と対立し、HP Wayとして知られる有名な企業文化を破壊したフィオリーナー氏。

結局、フィオリーナー氏は、創業一族との法廷闘争に勝利し、コンパックの合併を成功させたものの、彼女が進めた経営スタイルは、モラルの低下と従業員の流出を招き、業績は下降の一途を辿り、ついに解任されてしまう。

逆に、eBayのウィットマンは順調に事業を拡大し、つい数ヶ月前に自らCEOを退任した。


興味深いのはその後のHPで、CEOの座はその後NCR出身のマーク・ハード氏に引き継がれるのだが、企業文化を重んじる彼のマネジメントの元、2006年にHPの年間売上高は917億ドルに達し、IBMが発表した2006年度の決算(売上高914億ドル)を抜き、世界第1位のIT企業へと成長している。


ここまで話すと、「ああ、やっぱり企業文化は守らなければいかんのねー。」という安易な結論に行きそうだが、実際はそんなに単純ではなく、企業文化の中には毒になるようなものもあるわけで、企業文化の中で、何を残し、何をなくしてゆくのか、よく考える必要があるのではと思う。

また、HPウェイのように明文化されたステートメントと、その応用は別問題。官僚主義に陥って非効率と業績低下を招いていたフィオリーナー氏は、Rule of the Garageという新しい明文化されたミッションステートメントを打ち出し、社内に広めていったが、もしかすると、HPの企業文化の命であるHP Wayと対抗するような新しいものを使う必要などなく、ステートメントはそのままに、応用の新しい解釈を広めていけば、もっと違う結果があったのかもしれない。


そういえば、僕が結婚する前に、実家の家族会議で家族のミッションステートメントを作ろう、という活動をしたことがある。

妹 「では、今日は我が家のミッションステートメントを作りたいと思います!」

(一時間ほど議論)

皆 「ワー、できた!これだー!!」

妹 「じゃあ、読み上げます!」

皆 「おお!」

妹 「無理しない、かっこつけない、がんばらない家族!!がんばるのをやめようー!!」

皆 「やめようー!!・・・・・・あれ?(こんなんでいいのか?)」




ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01