卓越した教師、Dr.Jackson

|
wbj.jpg今セメに入って履修しているクラスで、本当に取ってよかった、と思っているのが、Dr.Jacksonの教えるStrategy Implementation。このクラスは、同じ時間に、秋のセメスターで最も人気があるクラスの一つである、ウィットラック教授の、アントレプレナー・マーケティングがあったので、結構悩んだのだが、本当に正解だった。


新しいことを次々に学ぶMBAのクラスには珍しく、このクラスは振り返ってみると、マッキンゼーの7Sモデルと、Change Managementのモデルだけを基本に学び、後はひたすらケースをそれらのフレームワークに当てはめて分析する、というもので、気がづくといろいろな物事を、これらのフレームワークに当てはめて考えている自分がいて、「Implementation」というクラスの名前に偽りなく、戦略のフレームワークが「身に付く」クラスだ。


ケースのセレクションも、実によく考えられていて、

1.マッキンゼーの7Sモデルの記事
2.7Sモデルの成功例を学ぶケース
3.7Sモデルの失敗例を学ぶケース

4.コッター博士のLeading Changeのフレームワークの記事
5.Leading Changeのフレームワークをトップマネジメントの立場から考えるケース
6.Leading Changeのフレームワークをミドルマネジメントの立場から考えるケース

という風に流れている。


さらに、この流れの中に、チームプレゼンテーション、ケースライティング、ファイナルレポートなどが挟まれていて、いろいろな観点から基本の2つのフレームワークを身に付けられるように意図されている。


ちなみに、今日10月1日は、ジャクソン教授の67歳の誕生日ということで、生徒が用意したケーキを皆で食べながら、チームプレゼンテーションを見ている。クラスの最初には、ジャクソン教授の半生の写真が紹介され、中には、アイリング管長がスタンフォードに在籍していたときに一緒に撮った写真もあり、皆大喜び。


ジャクソン先生、これからもお体を大事に、マリオットスクールで教鞭をとり続けてください。



ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01