Doing what's best ─多く与えられる者は、多くを求められる

|
先日けんさんに、Dr.SticeのメッセージがAlumuni Magazineに載っているよ、と教えて頂いたので開いてみたのだが、素晴らしい話だった。彼のメッセージの中には、ここBYUで学ぶすべての者が学び、心に留めておかなければならないことのすべてが凝縮されていると感じた。

全米でもトップレベルの投資対効果の高い大学BYU。ここで学ぶ機会を得た人間は、与えられた機会と引き換えに、多くの義務を負うことになるのだと思う。


大学生だった頃、当時まだ大前研一氏の私塾だった「一新塾」に通っていたことがあるのだが、あるときにフリースクールなどで一躍有名になった白井智子さんが講師に来たことがあった。彼女は、東京大学法学部卒業後、松下政経塾に入塾し、教育改革をテーマに国内外の教育問題について研究をされていたのだが、松下政経塾での経験を振り返って、非常に面白いことを言っていた。


「松下政経塾では、毎月の給料を貰いながら、2年間、自分の自由な研究ができるんです。今考えてみると、松下幸之助という人は、本当によく物事を考えていたのだな、と思います。

お金を貰いながら、自由な研究ができるという環境を与えられて、ラッキーだなと思う人がいるかもしれません。しかし私は逆に、学んだことを、生涯、世のため、人のために使わなければならない、という重い十字架のようなものを背負ってしまったと感じたのです。それが、私が前に進む原動力の一つになっています。」


彼女のメッセージには、Dr. Sticeの話と通じるものが多くあると思う。彼はマリオットスクールを中心に話をしているが、この話はマリオットスクールの学生だけでなく、BYU プロボ校、ハワイ校、アイダホ校で学ぶ機会を得た、すべての人に当てはまる話だと思う。

自戒の意味と、多くのBYUの学生達、卒業生達が読んでくれることを期待して、彼の話を掲載しておきます。読まれた方で、心を動かされた方がいましたら、BYUの友人たちに紹介して頂ければうれしい限りです。


・・・・・・・・・・・
title.jpg
stice.jpgIn my previous assignment as director of the mba program, I had the opportunity to travel the world in search of potential mba students. Because of those experiences I met many individuals who have very little material wealth. Yet those who have so little faithfully pay their tithing so that we at byu— faculty, students, and thousands of graduates— can enjoy the blessings that abound on this campus.

I have met faithful Saints who would give all of their worldly possessions for the opportunity to attend byu, and I have had the haunting duty of informing many of those individuals that they will never enjoy the byu experience. Yet they continue to sacrifice so we can be here. After looking into so many hopeful eyes, I have spent a great deal of time wrestling with the question, “Why do they give so I can be here?”

The only answer that comforts my conscience is that byu is not here to bless the select few who are fortunate enough to study here. Instead, we select a few whose lives are blessed. They in turn are expected to go where the Lord would have them go to bless the lives of others.

At the Marriott School we are not about rankings, placement statistics, salaries, or the accolades of the world. These are side effects. A Marriott School experience is intended to change people who then are expected to go forth and use their influence and their example to change others. Tithe payers invest in byu, and they deserve a return on their investment. That return is demonstrated through an enduring commitment to use our skills and abilities in building the kingdom of God. That is what we are about.

If all we do in the Marriott School is produce quality accountants, competent investment bankers, or capable hr managers, then we have failed in our obligation to those who finance us. To borrow from one of Elder Dallin H. Oaks’ recent general conference addresses: “We should remember that it is not enough that something is good. Other choices are better, and still others are best.” Preparing students for their first job is good—but not good enough. Developing future leaders in the business world is better. But preparing graduates to be leaders in their professions, their communities, their churches, and their homes while explicitly instilling in them a commitment to go forth and build the kingdom is best.

Those associated with the Marriott School have a wonderful opportunity and a tremendous obligation. We must never forget those who sacrifice so much for those who work and study here. We cannot forget what they expect of each of us—a commitment to do what’s best.

Sincerely,
Jim Stice I Associate Dean




ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01