Who are you? What do you want? すべてはそこから始まる。 ─Appleからの使者のメッセージ

|
apple-logo.jpg>履修するかどうか、最後の最後まで迷ったPersonal Financeだったが、結構忙しそうだったので、ドロップ。代わりに何を履修しようかとリストを見ると、 「Leading Change in a Technical Environment (ハイテク環境における変革)」というクラスがあったので、二度目のクラスから参加してみることに。

ひょっこり顔を出してみると、ケニーがいて、話を聞くと教えるアンダーソン博士は日本にいたことがある、ということだったので、そのままずるずると履修することにしてしまった。




このクラスは、e-Commerce、SCM、ERP、CRMなど、ハイテク環境下において、どのようにチェンジマネジメントを実践してゆくのか、ということにフォーカスを当てている。僕はMBAに来る前は、ERPの開発とマーケティングをやっていたので、アメリカでこれらのキーワードがどのように使われているのか、事例も含め、非常に興味のあるところだ。


そんなクラスだが、今日はアップルからゲストスピーカーを招いての講義だった。

アップルから来たのは30代前半くらいの若い兄ちゃんで、いかにもアップルらしい、ラフな服装で現れた。話のテーマは、アップルの話、というよりも、仕事探しのセミナーのような内容だった。


自分のやっていることと、自分の価値観が合っていなければ、幸福になることはできない (Happiness comes when we align with our value.)。だから、まずは自分自身をよく知り、自分の価値観をよく知らなければならない。自分の価値観が分かったら、フィットする会社を探すこと。

その際には、既存の概念の枠をはずして、もっと自由に、そして広い視野から仕事を探すべきだ。ジョブフェアに来る会社や、リクルーティングサイトに求人を出している会社以外にも、たくさんの会社や仕事はある。


スティーブ・ジョブスはかつて社員にこんなことを言っていました。

「我々の第一の使命は、お金を稼ぐことではなく、我々の製品によって、人々に豊かな生活を提供することだ。お金はそれに付随してついてくる。」

また、起業を志している学生から、アドバイスを求められたとき、彼はこうも答えていました。

「Make meaning, not money (お金ではなく、社会的に意義のあることを生み出しなさい。)」


これは一月にシリコンバレーの本社に行ったときにも感じたことだが、どういう訳だか、アップルで働いている社員というのは、何とも楽しそうに仕事や人生を語る。まるで、仕事と趣味の境目がないかのようだ。

熱狂的なファンが、アップルの売上を支えているように、熱狂的な社員が同社の成長を支えているのだ。


という訳で、最後のスライドで、彼が進めた本が次の3冊。どの本も、自分を見つめ直すのに最良の本だという。

第8の習慣 「効果」から「偉大」へ

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

最後の授業 ぼくの命があるうちに





ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01