マッキンゼーの7Sモデルとその応用

|
今日のStrategy Implementationのクラスは、マッキンゼーの7Sモデルがテーマだった。マッキンゼーの7Sモデルとは、コンサルティング会社のマッキンゼーが提唱した、組織を分析するときの7つの切り口のことで、7Sは、ソフトの4Sとハードの3Sに分かれる。

ソフトの4S
1.Shared value (共通の価値観・理念)
2.Style(経営スタイル・社風)
3.Staff(人材)
4.Skill(スキル・能力)

ハードの3S
5.Strategy(戦略)
6.Structure(組織構造)
7.System(システム・制度)


重要なことは、これらの要素がすべて調和している必要がある、ということ。ジャクソン教授の話だと、M&Aなどの現場では、Strategy (戦略)の要素だけが重視されて、その結果、他のSが後々大きな問題を引き起こすことが多いという。

実は、この7Sには発展版があり、これには4つのSが追加されている。下記がその発展版 (Expaned 7S)。

7s.jpg
この発展型のモデルは、従来の7Sと比較して、4つのSが追加されている。


1.Superordinate Goal (並外れた目標)

これは、単なる目標とは異なり、強いコミットメントに裏付けられた目標で、企業を成長させる大きな原動力になるもの。ジャックウェルチのNo.1、No.2戦略などがこれに該当する。


2.Self (リーダーとしての自己)

すべてのSが調和がとれていても、自分自身が溶け込んでいなければ、成功することができない。


3.Situation and Stakeholders (環境とステークホルダー)

組織について語るとき、その外部環境とステークホルダー(利害関係者)を見過ごすことはできない。次のものがそれらに該当する。

 ・Economic and Socio Political Environment (経済・政治)
 ・Customer and Supplier (顧客・サプライヤー)
 ・Industry Structure (業界構造)
 ・Competitive Dynamics (競合状況)
 ・Employee Groups and Communities (従業員組織・地域社会)
 ・Share holders (株主)
 ・Other Stale holders
 (その他のステークホルダー)


4.Success (成功)

組織の成功を測るとき、次の要素がそれを測る指標となる。

・Performance (業績)
・Satisfaction (満足度)
・Growth and Learning (成長と学習)


実際にこのモデルを使うときは、それぞれの項目について分析をし、「ずれ」がどこに起きているのかを調査することになるのだが、考えてみると、このモデルは家庭という組織でも十分使えるものだ。


僕 「よし、我が家の目標は、全員朝7時に起床して、一日を始めること!

7Sモデルによると、戦略と目標、そして人材はアライメントが取れていないと・・・。

という訳で、社長(妻)、これからはもう少し早く起きてくださいよ。」


社長(妻) 「は?なにその言い方。

まるで私が全然朝起きてないみたいじゃない。

誰がお弁当を作ってあげてると思うのよ。

もういいわ。主婦やーめーた。」


僕 「ヒーー!」



ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01