プロボリバーで川下りを堪能

|
アウトドアの聖地、プロボキャニオンを楽しむツアー第二弾は、プロボリバーで川下り。これも、我らがアウトドア師匠、林田Bの遺言の一つだ。

朝10時に、BYUへけんさんと行き、ゴムボートとライフジャケットをレンタルし、昼過ぎにキャニオンに向かった。奥様達をVivian Parkに下ろし、子供二人と一緒に、Deer Creekと呼ばれる貯水池の真下まで行った。このDeer CreekからVivian Parkまでのコースは、およそ7,8キロくらいで、一時間ほどかけて、ゆっくりとプロボキャニオンの絶景を眺めつつ、川を下ることになる。


provoriver.jpg

P8220038.JPG
早速、4人でゴムボートに乗り込んだ。のだが、その気持ちのよさといったら、本当に、筆舌に尽くしがたい。ゆっくりと流れる川に身を任せながら、穏やかな風を全身で受け止め、ただ広がる絶景にため息をつく。

感動だ。


P8220043.JPG

しかし、僕のひざの上に座っていた瞬は、最初こそ喜んでいたものの、ちょっと流れの速いところで水をかぶると、

「パパー、さーむーいー、さーむーいー。こーわーい。こーわーい。」

を連発し、寒気と恐怖で固まってしまった。

P8220023.JPG

周りを見渡すと、浮き輪やゴムボートで川くだりを楽しんでいる人がたくさんいたのだが、ウケたのが、途中で遭遇したオバサン二人組みで、どう見ても単なるゴムベットだろうと思われるものに腰掛け、ライフジャケットもなしに、パドル一つで、優雅に(?)川を下っていた。

このおば様たちは、最後の最後で、我々と一緒にVivian Parkに上陸しようとした際、二人とも、ツルリンとゴムベットから滑り落ち、

「あーれーー」

と二人とも流されてそのまま我々の視界から消えてしまった。無事にどこかで上陸できたことを祈りたい。

P8220029.JPG

わが社の社長(妻)も川下りに挑戦。僕は社長の道中をお守りする、という大役を仰せつかり、船首を担当することに。

P8220042.JPG
僕 「あ、あぶない、突き出た木の茂みにぶつかる!」

ズササササ

社長(妻) 「キャー、痛い!」

僕 「社長、大丈夫ですか!?」

社長(妻) 「ちょっと、もっとしっかり漕ぎなさいよ!!!(怒)」

ガスッ!!(パドルで背中を一突き)

僕 「ヒィー!」


(・・・上のやりとりはノン・フィクションです。)


いろいろありましたが、家族共々プロボの大自然を満喫した一日でした。情報提供してくださった林田師匠、一緒にいってくれたけんさん家族の皆さん、本当にありがとうございました。






ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01