ハーツェル夫妻への感謝

|
ハーツェル夫妻と日曜日に最後のお別れをした。夫妻は数ヶ月前に日本に赴任してきたCouple Missionaryで、この異国の地で、ボランティア活動を日々行っている。

ハーツェル夫妻には、この夏休みの期間、本当にお世話になった。夫妻には、隔週で1時間ほど、無料で英会話を教えてもらっていた。日本に帰国するとどうしても、英語を話す機会が激減してしまい、ただでさえへたくそな僕の英語が、さらに下降するのを避けるために、5月の上旬に「英語を教えてくれないか」、と図々しくもお願いしてみたところ、快く引き受けてくださった。

最後のレッスンのときに、ハーツェル夫人がいくつかちょっとびっくりするような話をしてくれたのだが、よく聞くと、夫人はBYUのしかもビジネスマネジメント専攻の卒業生だという。もうお年は60を超えているから、僕の大先輩だ。

GaryCornia_closeup_article.jpg「私もちゃんとBYU Management Societyの一員なのよ。ニュースレターは今でも読んでるわ。」

とのこと。さらに、驚くべき事実が。

「そういえば、言い忘れたけど、私達の娘が、今のマリオットスクールの学長の息子と結婚しているのよ。」

「ええっ!」

「あなたのこと、メールで伝えておいたから、学校に行ったら訪問してね。」

N会長と親交の深かった前学長のDean ヒルは4月に退任し、新しくコニア学長が春からその任を果たしているのだが、まさかこんなところで繋がるとは。そしてBYUでの思い出をいろいろと話してくれた。

「BYUでの日々は本当に素晴らしかったわ。私は、ほんの数回の例外を除いて、すべてのDevotional に参加したけど、人生を生きているうえで、本当に多くの素晴らしい教えをあの場で受けたと思っているの。ケンジも与えられた機会をよく生かして、たくさん参加したら素晴らしいと思うわよ。」

はい、来せメからはもっと真面目に出席させて頂きます。。

ハーツェル夫妻、本当にありがとうございました。また来年お会いできる機会を楽しみにしています。

IMG_0428.jpg




ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01