佐野 眞一 『誰が本を殺すのか』  ─本から文化を考える

|
51KCQH69R5L._SL500_AA240_.jpg帰国してから、日本語の本をむさぼり読んでいるのだが、中でも面白かったのが、この、『だれが「本」を殺すのか』。

この本は、インターンシップ先のマネージャーが進めてくれた課題本の一つだったのだが、軽い気持ちで読み始めたものの、読み進めるうちに非常に考えさせられてしまった。

相次ぐ出版社の倒産と書店の閉店。活字離れと少子化。毎日200点もの新刊が並ぶのに、書籍の売上は下降の一途を辿るばかり。果たして「本」を殺したのは誰なのか。著者の佐野氏は、犯人を見つけるため、書店、図書館、流通、出版社、著作者など、すべての関係者に隈なくあたり、その姿をあぶりだしてゆく・・・

第一に衝撃を受けたのは、文章能力の高さ。僕もこのブログで「文章」なるものを書いてはいるが、佐野氏の文章を読んでいて、日本語や書籍に対する深い理解とこだわりを強く感じた。僕は読書は好きなのだが、読むのは専らビジネス書ばかりだったこともあり、日本語そのものを味わう、ということをまったくしてこなかった人間だと思った。

第二に、日本の出版業界の問題の深刻さ。日本人MBAの皆と、『イヤー、いつか本とか出版してみたいよねー』と、半冗談、半本気でよく話をしていたのだが、本にまつわる日本の出版業界の状況が、ここまで深い病巣に飲まれてしまっているとは、まったく知らなかった。

最後に、本というものの持つ、果てしない可能性と役割についての認識。読んでいて衝撃だったのは、『書籍は文化を創る…』というくだり。今まで、そんな風に本というものを考えたことがなかった。本の死、それは文化の死をも意味するものであり、日本の今後の教育問題にも深く関わってくる問題だと感じた。


「本との出合い」と「人との出会い」は同義語だと僕は考える。これからも、よい本に出会ってゆきたいと思う。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01