沖縄へ里帰り

|
実は、わが社(家)の社長(妻)は沖縄出身。今でも、ひいお婆ちゃんを初めとするたくさんの親戚が沖縄に住んでいる。結婚している社長(妻)の兄弟で結婚後に帰省していないのは我が家くらいだったので、インターンシップが始まる前に、沖縄に行くことにした。


僕が初めて沖縄の地に足を踏み入れたのは、今から丁度10年前の9月。大学を休学して、Japan Fukuoka Missionで働いていたときに、熊本から沖縄の首里へ転勤が決まった。九州の盆地にある熊本は、東京出身の僕にとってはあまりに暑い場所で、ようやく涼しくなりかけていた9月に、常夏の島・沖縄へ行くことになった。

当時はまだ空港が新しくなる前で、空港に降りたつやいなや、あまりの熱気で景色がゆらいで見えたのをよく覚えている。それから9ヶ月間、首里と与那原の2箇所で暮らすことになったのだが、多くの出会いや経験に恵まれた、本当にすばらしい日々だった。

あれから10年たって、沖縄出身の奥さんと子供を二人連れて、また沖縄の地を踏んでいることを考えると、何とも不思議な気分になる。


沖縄に滞在中は、社長(妻)のお婆ちゃんの家に滞在させて頂いていたのだが、ここがなんと那覇の国際通りから歩いて5分という驚くべき好立地。モノレールの駅も近く、あまりに便利でびっくりしてしまった。

妻のお婆ちゃんは、80歳を超える高齢なのだが、見た目は大変若く、驚くほど元気。学校の教員をしていた、というお婆ちゃんは大変教養のある方で、戦前の、沖縄師範学校及び、沖縄県立第一高等女学校の卒業生でもある。

‥そう、お婆ちゃんは、ひめゆり学徒隊の生き残りなのだ。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01