バランススコアカードについて思うこと

|
今日のManagialAccounting (管理会計)のクラスのトピックは、バランス・スコア・カードについてだった。

バランススコアカードは、企業のもつ重要な要素(指標)が企業のビジョン・戦略にどのように影響し業績に現れているのかを可視化するための業績評価手法で、1992年ハーバードビジネススクールのロバート・S・キャプラン教授とコンサルタント会社社長のデビット・P・ノートン氏により発表されたものです。

従来は、財務分析による業績評価(財務の視点)だけによって企業の業績評価が測定されていたが、財務上の数値に影響を与える他の要素を、顧客の視点、業務プロセスの視点、成長と学習の視点にブレークダウンして、包括的に企業活動をトラッキングしようというのがこのバランス・スコア・カードの取り組みだ。


本来はもっと複雑なのだろうが、分かりやすく説明すると、次のようになる。

企業は利益を増やしたい (財務の視点)
    ↓↓
利益を増やすためには売上増が必要だ (財務の視点)
    ↓↓
売上を増やすためには、顧客に満足して貰わなければならない(顧客の視点)
    ↓↓
顧客に満足してもらうためには、業務プロセスを改善する必要がある(業務プロセスの視点)
    ↓↓
業務プロセスを改善するためには、各従業員の仕事の方法を改善する必要がある (成長と学習の視点)



実は、以前仕事でERPを売っていたとき、パートナーの会社がバランス・スコア・カードテンプレートなるものを開発していた。当時は、なんだかかっこいいものを作ってるな、くらいの感覚しかなかったが、今よく考えてみると、ERPの中には財務関連の数字しか入っていない訳で、その他の数値指標をどうやってトラッキングしてたんだろうと不思議で仕方ない。


しかし、このバランス・スコア・カード、日本ではまったくと言ってよいほど機能していないと思われる。コンセプトは分かりやすいし、非常に理に適ってはいるのだが、教授が今日クラスでも言っていたように、企業規模が大きければ大きいほど、数値を設定してトラッキングし続けることは至難の業になってくる。

また、それぞれの指標の因果関係も、慎重かつ丁寧に積み上げていかなければならないので、スタートアップもものすごく大変そうだ。いずれにせよ、ボトムアップ型の経営方式が多い日本では、こういったことを全社的に推し進めるのは現実的なハードルが非常に高いのだろう。



ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01