イノベーションのジレンマからイノベーションへの解へ

|
51621J4CTVL._SX320_SY320_.jpgミッドタームがあっさり終わり、1日のんびりしていたのだが、後半から始まる2クラスをよくチェックしてみると、どちらも宿題の量がすごい。昨晩も気が付けば夜中の2時までラウンジでリーディングの課題と格闘していた。

「企業倫理」「企業戦略入門」の代わりに始まったのが、「マネージャル・アカウンティング」「企業戦略2」の2クラス。「企業戦略2」のクラスの教科書は、かの有名なクレイトン・クリステンセン教授(ハーバードビジネススクール教授)の著書、「イノベーションへの解」。この本は、経営書としては異例のベストセラーとなった「イノベーションのジレンマ」の続編にあたる本。

イノベーションのジレンマでは 顧客の意見に熱心に耳を傾け、新技術への投資を積極的に行い、常に高品質の製品やサービスを提供している業界トップの優良企業が、なぜその優れた経営のために失敗を招き、トップの地位を失ってしまうのかを説明している。

それに対し、イノベーションの解では、「大企業がジレンマに陥る理由はよく分かった。じゃあ、どうすりゃいいんだ!」という問いに答えるもので、解決のための具体的な施策を説明している。

クラスでは、この教科書と、教授が準備したマイケル・E・ポーター教授などの記事を読み勧めながら、企業戦略についての講義を受けてゆくことになる。


ちなみに、このクレイトン・クリステンセン教授は、前ハーバードビジネススクール学長のキム・クラーク氏と同じくモルモンで、教会でもArea Seventyとして働いている。キム・クラーク氏は数年前にBYUアイダホ校の学長なり同校を去ったが、クリステンセン教授もいまにお呼びが掛かるのではないだろうか。せめて卒業する前に、マリオットスクールに講演しに来て欲しいものだ。


しかし、このイノベーションへの解はなかなか難解で、林田Bが日本語版を貸してくれたので、何とか昨晩のうちに読み終えることができた。ありがとうございました。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01