ユタ州ローガンへプチ旅行 ─Utah State Universityを訪ねる

|
logan.jpgこの田舎町に半年ほど暮らしていると、休日に行くところがなくなってくる。本当ならせっかくユタにいるんだから、冬はスキーでも行けばよいのに、と思うのだが、2歳児と1歳児がいるのでそういう訳にも行かず、毎週繰り返される社長(妻)との会話は、「ねぇ~、今日どこ行く?」。

この土曜日も同じように「ねぇ~、今日どこ行く?」の会話が始まったのだが、ふと立ち止まってニヤリと笑った社長が口に出したのは、「そうだ、ローガンに行かない!?」。プロボからローガンまではおよそ200キロあり、ちょっと思いつきで出発するような場所ではないのだが、もちろん、社員の僕に拒否権はない。

そんな訳で、朝10時にローガンへ向けて出発した我々。時速120キロオーバーでぶっ飛ばし、昼過ぎに無事到着。

実はここローガンは、うちの社長が未だ独身だった大昔、Utah State Universityに一年通っていたというおもひでの地で、以前から行きたい、行きたいと話していたのです。Utah State Universityはなんだか古くて威厳のあるキャンパスで、歴史を感じさせる趣。

当時の社長(妻)は、ここで月120ドル(1万5千円くらい)の極貧生活を送っていたらしく、よもや自分の子供を2人連れてこの場に来るとは、思いもしなかったことだろう。

帰りに謎の大渋滞に巻き込まれたことを除けば、大変よいプチ旅行でした。


ユタ州立大学
DSCF5486.JPG
その昔、妻が英語を学んでいたという教室の建物
「ここがママの学校だよ。」
息子 「がっこう~?」
DSCF5491.JPG
帰り道にLogan Templeを発見!!
DSCF5496.JPG

テクノラティプロフィール


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01