元旦からトラブル

|
1月1日は元旦かつ、わが社の次男奏の誕生日。

しかし‥朝10時過ぎ、テレビ台に捉まっていた奏が突然転んだ。転ぶことは日常茶飯事なので、泣く奏を抱っこして起して見ると、右目の上のおでこがパックリ割れて、血がだらだら。

これにはびっくり。すぐに友人に連絡して、元旦でも開いている病院を教えてもらい、大泣きする子供を座席に縛りつけ、車を走らせた。Wymontから病院までは、なだらかな坂になっているのだが、猛スピードで車を飛ばしていると、ちらりと、右から出てくるパトカーの影。

嫌な予感を感じながら、そのまま車を飛ばしていると、サイレンと共に、やはりパトカーが追跡してきた。すぐに右に寄せられ、警官が近寄ってきた。が、僕達夫婦はそれどころではない。

「子供が頭を切って、今すぐに病院に行かなければいけないです!!」

事情を説明すると、警官はギョッとして子供を見て

「‥OK」

と言って立ち去ってくれた。


すぐにユタバレーの病院のEmargencyに駆け込み、5針を縫ってもらった。奇しくも、この病院は奏が丁度一年前に生まれた病院。自分の生まれた日に、生まれた場所に担ぎ込まれるとは何とも。。。しかし、治療してもらったのはよかったんだけど、包帯もガーゼもしてくれなくて、むき出しのままなんだよなぁ。。大丈夫かな。

DSCF5079.JPG






ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01