ついに登場、マイケル・E・ポーターとファイブフォース分析

|
企業戦略入門のリーディングアサイメントに、ついにハーバードビジネススクール教授、マイケル・E・ポーター氏の記事が出てきた。トピックは、かの有名なファイブフォース分析について。

マイケル・E・ポーター氏は、1969年にプリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業。1971年にハーバード大学にてMBAを取得、1973年には同大学大学院にて経済学博士号を取得。1982年には同学史上最年少の正教授となった秀才で、アメリカを中心に世界各地で多くの国や州の政府、および企業の戦略アドバイザーを務めている。代表的著書である『競争の戦略』は戦略論の古典として、現在でも多くの経営者や、経営学を学ぶ学生の間で広く読まれている。

マイケル・E・ポーターのファイブフォース分析は、MBAで学ばない人はいないというほど有名なコンセプトで、「供給企業の交渉力」「買い手の交渉力」「競争企業間の敵対関係」という3つの内的要因と、「新規参入業者の脅威」「代替品の脅威」の2つの外的要因、計5つの要因から業界における企業の競争優位を明らかにしてゆく、というもの。

クラスでは、「コカコーラVSペプシ」の壮絶なコーラ戦争のケーススタディを元に、ファイブフォース分析を適応してディスカッションをしてゆく、というもので、なるほど、非常に面白かった。


 実はマイケル・E・ポーター氏については、4年ほど前に、『競争戦略論II』という本を買っていたのだが、当時はなんだか難しく感じたので、まったく真面目に読まなかった。英語の原典を苦労して読むことが分かっていたら、もっと真剣に読んだのに。苦笑。
516ES2NJTDL._SS500_.jpg


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01