Sharpaとのミーティング

|
今日はこれからSharpa(シェルパ)との打ち合わせ。Sharpaとは、もちろん登山のガイドのことだが、ここMBAでは2年生が数人の一年生を受け持ち、キャリアに関するアドバイザーを務めることになっている。


僕のSharpaは最初は韓国人のジェイだったが、最近インド人のHarshという女性になった。打ち合わせは単にチェックリストの進捗を確認するだけなのだが、改めてみてみると、やることがたくさん。


To Do List For 1st Year Student

1.キャリアセンターの所長と面接
2.エレベータスピーチ(一分間の自己紹介)の練習
3.e Recruting の登録
4.フォーカス・ディスカッション
5.SWOT分析
6.ネットワーキングリストの作成
7.Resumeのレビュー
8.カバーレターの作成
9.Functional Research
10.業界研究
11.Cold Calling
12.情報収集インタビュー
13.面接の模擬練習
14.On-Campus Interview
15.インターンシップのオファー
16.インターンシップのオファーの報告
17.他の人の支援


上記のリストをみて分かるように、MBAの半分は仕事探しのようなもの。プログラム側が如何に本気で、生徒のキャリアディベロップメントに取り組んでいるか、よく分かる。こういった手厚いサポートが得られるのは、本当に有難いことだ。


あれ、今よく見たら、これ、アカウンティングの成績の一部になっているぞ。。

さすがスタイス教授、人を動かす秘訣をよくご存知のようで。。。汗

いくつか漏れてるやつがあるから、すぐにやることにします。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01