経営者の役割 (チェスター・バーナード著)を読む

|
7andy_00986030.jpg今日は土曜日だというのに、ラウンジに篭ってHRのペーパーに取り組んでいる。

HRのクラスで、Book Analysis というアサイメントがあるのだが、100冊近い本のリストの中から、5冊興味のあるものを選び、その中から、HRのTAが課題図書を決め、その本についての書評を5枚以内でまとめる、というもの。

僕の本は、チェスター・バーナードという経営者が書いたThe Functions of the Executiveと言う本なのだが、よく調べてみると、経営者の役割 というタイトルで、日本語版があることが分かった。



Levine-Irving.jpg著者のチェスター・I・バーナードは、アメリカ合衆国の電話会社の社長であり、経営学者。1927年から約20年間、アメリカのベル電話システム傘下のニュージャージー・ベル電話会社社長を務め、その社長在任中の1938年に主著『 経営者の役割 』を刊行し、それによって科学的管理法のフレデリック・テイラーと並び称される経営学者としての名声を確立した。


しかし、この本、かなり難解な本で、正直、かなり死んでいる。そもそもの悪夢の始まりは、100冊の中から、タイトルやページ数をチェックせずに、ランダムに5冊を選んでしまったことで、せめてAmazonなどでページ数をチェックしておけばよかったと思うが、後の祭り。でも、たとえ日本語版の 経営者の役割 が手元にあったとしても、書いてあることを理解するのは至難の業だと思われる。。。


あえて僕のつたない言葉で、超・単純化した本のメインポイントを掲載&解説すると、経営者の役割としてバーナード氏は下記の3つを指摘している。


1.組織コミュニケーションの維持

組織におけるコミュニケーションは、人を介して行われるため、効果的なコミュニケーションシステムを構築するためには、組織構造と、人事の両面からアプローチをする必要がある。


2.組織の実体を構成する個人的活動の確保を促進すること
要するに、組織が何らかの目標を達成するためには、(1)組織を構成するメンバーを引き寄せ、(2)それぞれのメンバーから必要な努力を引き出し、実際に働いてもらう、ことが不可欠だということ。それらの活動を促進する責任を、経営者は負っている。


3.組織の目的や目標を定式化し定義すること
経 営者は、組織の理念や目的、目標を定義し、それらを細分化し、責任委譲してゆく役割を負っている。大局的な見地から物事を俯瞰(ふかん)し、大きな方向性 を定める役割は経営者独自のものであるがゆえに、経営者は効果的なコミュニケーションのシステムを活用し、それら理念や目的を伝達し、人々を巻き込んで組 織という船を前進させる役割を負っている。


幸運なことに、この本の概要を詳細にまとめたサイトを先ほど発見したのだが、僕の言語能力の限界か、日本語で書かれたこのサイトの内容も、満足に理解できる自信はありません。。。もちろん、ないよりはましですが。
チェスター・バーナード『経営者の役割』を読む (すごいサイトです)


わが社(家)のCEO(超・偉い・奥さん)の非情な言葉が聞こえてきそうです。



ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01