ボストンキャリアフォーラム旅行記2

|
朝起きたら7時過ぎ。45分に出ましょう、ということで、準備をしてけんさんとモーテルを出た。

場所が分からないので、タクシーを呼ぶためにけんさんが電話をしたところ、

「9時にならないと来れない」

とのことだったので、仕方なく電車とバスで行くことにした。

向かいのバス停から、10分ほどで地下鉄の駅に到着。行きの電車の中で、ジョンズ・ホプキンス大学のMBAに行っているナカオさん、という大変よい方にお会いして、一緒に会場に向かった。迷いながらも、9時半に会場に到着。


日 本人の多いこと、多いこと。DISCOの人によると、8千人の日本人が押し寄せるとのことで、会場内は本当にここはアメリカかと疑いたくなるような雰囲気 だった。面接の事前予約が入っているところは、予約時間に訪問し、予約はないが興味のあるところはWalk in をしていった。



ところが…事件は夕方5時ごろに起きた。某企業と面接の最中、突然英語で館内アナウンスが流れた。

「こちらは、ボストン警察です。館内にいる人は、すべて避難してください。

すぐに、避難してください。繰り返します…」

もちろん面接は中断し、僕を含めた8千人の日本人たちはコートも置いて、寒いストリートに投げ出されることに。
外はたくさんの消防車が並び、騒然としていた。


一体何が起きたのか、このときはまったく分からなかったが、この日の夜にDISCOから次のようなメールが届いていた。


。。。。

ボストンキャリアフォーラム登録者の皆様へ

本日11月9日(金)・イベント初日の午後4時45分頃、
ハインズコンベンションセンター地下のごみ収集箱より
ボヤが発生
し、会場外に避難を余儀なくされたため、
イベントが一時期中断いたしました。

(中略)

キャリアフォーラム初日にご参加いただきました皆様には、
寒い中1時間強に渡り、場外にてお待たせいたしましたことを
お詫び申し上げます。2日目以降の皆様の就職・転職活動が
実り多きものになるよう、スタッフ一同、心よりお祈り申し上げま
す。

皆さんのご来場をお待ちしております。


DISCOインターナショナル

。。。。
本当の火事だったようで、びっくりした。

いろいろあったが、結局この日は、某企業からディナーに呼んで頂き、暖かい食事をご馳走になった。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01