ジェニングス博士のコミュニケーションクラス

|
毎週水曜日は、ジェニングス博士のクラスがある。

このクラスは、コミュニケーションのクラスで、採用面接の練習、履歴書の書き方、プレゼンテーションの方法、MECE、ロジックツリーなど、コンサルタントの手法の入門から超実践的な仕事の探し方までを網羅する面白いクラスだ。


現 在、ジェニングス博士は、リーダーシップと組織改革のコンサルタントとして、マイクロソフト、ヒューレットパッカード、ホンダ、インテルなどフォーチュン 500社の大手企業を相手に、コンサルティングや研修サービスを提供していて、彼の研修は、日本のマイクロソフトでも採用されています。


そ こに至る経緯が面白い。博士は、Undergraduateはアカウンティングで卒業したあと、スポーツ選手のパフォーマンスの研究でPh.Dを取得した らしいのだが、あまりにストーリー性のないメジャーチェンジと、おかしな博士課程の研究がたたって、非常に就職に苦しんだそうです。


そこで、彼は就職浪人を経験するわけですが、その期間、どうやったら就職できるのか、研究に研究を重ねて、様々な採用やその他のノウハウを身に付けていったとのことです。


その時彼が出した理由付けは、

スポーツ選手のパフォーマンスの研究

プレッシャーがかかる状況で、如何にパフォーマンスを発揮するのか

プレッシャーがかかる状況 = 採用面接、企業のリーダシップのポジション で、如何にパフォーマンスを発揮するのか


ということだったようです。

それで結果的に売れっ子のコンサルタントになるわけですから、「人間万事塞翁が馬」とはよく言ったものです。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01