安心領域から出でよ!

|
今日のDr.ジェニングスのクラスのテーマは、

安心領域

だった。


安心領域というのは、いわゆる慣れきった、成長のない世界。

誰しも、ある新しい環境にしばらくいると、あらゆるものに慣れてきて、惰性が始まる。

ここに長く留まっていると、衰退が始まる。


抜け出すためには、リスクを取って新しい領域に挑戦し続けなければならないが、この挑戦には、必ずプレッシャーや落胆、ストレスなどが伴う。


しかし、努力を続けてリスクを取っていくと、その先には自己の成長が待っている。


僕にとっては、仕事を辞めてMBAの受験をしたのが、ここ数年でとった最大のリスクだった。
家族が既にいたことが、プレッシャーを増大させていたのだが、運よく入学できて本当によかった。


個人的には35才までは、投資の時期と考えて、積極的にリスクを取ってもよいと思うのだが、妻に言うと

「冗談はやめて、早く落ち着いて。」

とのこと。ここ数年、半未亡人のような経験させられていれば、ごもっともだ。



しかし、MBAの中でももっとリスクを取って、成長の機会を増やしていかないといけない。
人生は、ひたすら坂道なのだ。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01