スタイス教授のメッセージ

|
MBAのクラスが始まって、一ヶ月以上が過ぎたが、少しずつ、それぞれの教授のクラスには、一貫したメッセージがあることに気づいた。


例えば、今日のスタイス教授のアカウンティングは、ホームデポ(Home Depot)のケーススタディだった。

急成長を目指すホームデポが、お金をじゃんじゃん事業の急拡大のために投資した結果、だんだんと負債が溜まってビジネスがおかしくなって行く話で、どうやってホームデポを救うのか、というのがテーマだった。


ビジネスがやばくなった同社は、いろいろなウルトラCを試みるが、結局、売掛金の回収期間の短縮や、在庫の圧縮など、地道な軌道修正によって、回復する、というのが結論だった。


ここから、彼独自の持論が展開される。

「これを、人生や教会での奉仕に当てはめるとどうなるのか──。」


もちろん、今回の最大の教訓は、

借金はするな

ということなのだが、今回に限らず、必ずスタイス教授が生徒達に話すのは、


数字の後ろには人がいる。それを忘れてはならない。

MBAで学ぶ君達の責任は、正しい決断をして、それを実行することだ。

と言ったこと。


アカウンティングはともかく、彼の話は本当に面白くて、引き込まれる。

2年生の友だちが言っていたとおり、スタイス教授はBYUのMBAの中でも、卓越した教師であることは間違いがないと思う。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01