日本で活躍しているブリガムヤング大学の卒業生

|
日本で活躍しているBYUの卒業生を挙げろと言われたら、僕は間違いなくこの3人の方の名前を挙げます。


タッド・バッジ氏
リチャード・L・フォルソム氏
アレン・マイナー氏


●タッド・バッジ氏
東京スター銀行頭取。
1959 年カリフォルニア州生まれ。79年大学在学中に宣教師として来日し、2年間九州・沖縄で布教活動に従事。84 年ブリガム・ヤング大学卒業後、ベイン・アンド・カンパニー日本法人入社。シティバンク、GEキャピタル日本法人コンシューマー部門CEOを経て、 2002年東京スター銀行代表執行役頭取就任。2005年10月同社は東証1部上場を果たしています。

バッジ氏は、アメリカ人として初めて日本の銀行の頭取になった方で、本も出版されています。




●リチャード・L・フォルソム氏
アドバンテッジ・パートナーズ 代表パートナー
ブ リガムヤング大学卒業後、ベインアンドカンパニー東京事務所に入社。バッジ氏とは同期だったそうです(!)。ペンシルバニア大学ウォートンビジネススクー ル修了(MBA 経営学修士号取得)、1992年株式会社アドバンテッジパートナーズを設立、共同代表パートナーに就任されています。

アドバンテッジ・パートナーズは、もはや業界では知らない人がいないくらい、有名なエクイティファンドの会社で、日経新聞の常連でもあり、少し前は、ダイエーの再建支援を手掛けたことで、かなりメディアに取り上げられていました。

フォ ルソム氏は、2、3年ほど前、一度無理を言ってお会いして頂いたことがあります。ウォートンのMBAの卒業生、ということで、MBAを目指すことの意義に ついてご相談をさせて頂きました (その時はBYUは日本で知名度が低いから、薦められない、と言われてしまいました。汗)。

フォルソム氏については、下記のサイトに起業に至った経緯など、かなり書かれています。




●アレン・マイナー氏
株式会社サンブリッジCEO
1986年、ブリガムヤング大学卒業後、米国オラクルに入社。1987年から日本オラクル初代代表として同社の立ち上げに貢献し、その後の成長の礎を築く。その後、1999年年12月株式会社サンブリッジを設立し、代表取締役社長に就任。

ITベンチャー企業への投資・育成活動に励み、国内ベンチャー業界における投資家及び起業家としての地位を確立したほか、ベンチャー・ハビタット・クリエイターとして、活気あるベンチャー環境作りに尽力している。日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA)理事。



僕がマイナー氏の存在を知ったのは、学生の頃で、ETICというNPOのサイトがきっかけでした。その時、絶対に一度この人に会おう、と決めたのですが、2年前にそれが実現しました。

IT業界で働いていた時、あるセミナーで名刺交換をした方がたまたまサンブリッジの社員の方で、その方にお願いをして、紹介して頂きました。その後、BYU Management Societyのキャリアセミナーに来て頂きました。


いずれにせよ、どの方も、大変すばらしい方々です。少しでも彼らに近づけるよう、努力したいものです。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01