アメリカの学歴社会について考えてみる

|
僕のいた明治大学政治経済学部は、パラダイス政経などと揶揄されていて、入学後は皆楽園で脳みそを腐らせる、と有名な学部だった。

対照的に、アメリカの大学に入学して、驚いたことの一つは、学生が本当によく勉強することだ。みんな図書館に篭って本当によく勉強をしている。

なぜか。

それは、アメリカの学歴社会と深い関係があると思う。


ア メリカはサラリーマンに限って言えば、日本とは比較にならないくらいの学歴社会だ。就職のポジションや年収は、面白いくらい学歴に比例して上がってゆく。 そこそこのMBAやDrを取れば、必ず年収が800万~まで上がることが分かっているから、皆社会人になっても貪欲に学校に戻ってくる。


MBAの学生が登録しているeRecrutingというアメリカ版リクナビには、年収800万円~からの求人が数千件寄せられている。この求人こそが、人々をMBAに惹きつける最大の理由の一つだと思う。


ま た、専攻やGPA(成績)もそのまま次の進学や就職にダイレクトに影響するため、皆入学後も必死に勉強をする。アメリカでは、日本のように、大学入試で一 発逆転、のようなことはまず起こらないし、英文学部の人間がまったく畑違いのIT企業のマーケティング職につく、ということも難しいように思える。


なぜ学歴がこれほどアメリカで重視されるのかといえば、この国の多様性が深く関係していると僕は考えている。あまりに多くの民族や多種多様な人がいるこのアメリカでは、「学歴」というのは非常に分かりやすい人を評価するモノサシなのだ。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01