MBAのチームメイトたち

|
MBAの授業では、プログラム側がランダムに生徒たちを4、5人のグループに分けて、Study Groupというものが組まれている。

目的はいろいろあるのだが、
1.Team Workを学ぶため
2.生徒同士の交流を深めるため
3.(私のような)勉強に難のある生徒を救い上げるため
くらいが主要なものになると思う。

最初は戸惑ったが、一週間経って、本当にこの仕組みに感謝するようになった。


進め方はチームによってまちまちだが、僕のグループは本当にすごい。授業の合間は必ずグループでミーティングを行い、グループの課題のみならず、各自のホームワークまでもチーム全体で話し合いを行うようにしている。

チームメイトは以下の通り。

●ジョセフ
ア ラスカ出身の26歳で、エンジニアリングとのジョイントプログラムの学生(エンジニアリングを1年、MBA2年で2つのマスターが取れるようになってい る)。若いが、彼がこのチームのリーダーだと思う。あまりペラペラと話す人ではないが、必ずチーム全体の指針になるような発言をしてグループの方向性の舵 を取っている。

●ブランドン
子供が二人いる28歳のアメリカ人。背が高くてやさしい。いつも僕に気を使って話しかけてきてくれる。

●アレックス
ブラジルで育ったイタリア人。英語のみならず、母国語のイタリア語、ポルトガル語、スペイン語の4ヶ国語がペラペラ。BYUを卒業していて、ジョセフと同じエンジニアリングのジョイントプログラムに参加している。奥さんはブラジルの日系2世。

●ジュリー
チーム唯一の女性。ディズニーでマーケティングの仕事をしていた。モットーは”FUN”という、明るいチームのムードメイカー。独身で、学位のみならず旦那も探しに来たとか。。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01