MBAの城、タナービルディングの増築工事

|
マリオットスクールの建物であるN・エルドン・タナービルディングは、現在増築のための工事をしている。(お陰でマリオットスクールの生徒たちは駐車場が使えずに難儀をしているのだが。。)


実は、ブリガムヤング大学のMBAプログラムでは、今後5年間に生徒の数を倍にする、という目標を立てている。僕は去年この話を聞いたのだが、今でもキャパシティがいっぱいなのに、どうやって実現するのかと思っていたら、建物を増設する方向で計画が進められていた。


朗報は、来年の秋から新しい建物は使えるようになるらしく、僕たちClass of 2009 は新しい建物の最初の卒業生になるとのこと。楽しみだ。


Tanner-Building-Addition.Rendering.jpgしかし、生徒の数を倍にするといっても、MBAプログラム側はピクリとも基準を妥協しようなどとは思っていないようだ。

というのも、担当の人がオリエンテーションで、今年のネイティブのGMATの平均点は680点で、Working Experience も増えたと言っていた。

生徒の数を増やしながら、ランキングも上げる。

この難しい課題に、MBAのオフィスの皆さんは尽力しているわけです。



ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01