GMAT780点の猛者

|
今年のMBAの生徒は150人だが、中にはものすごい優秀な人もたくさん混じっている。


例えば、つい昨日話をした一人のアメリカ人。Resumeを見せてもらうと、何とGMAT780点というまさに化物。さらにCPAまで持っていて、Experienceではアーサーアンダーセンにいたとのこと。当然、GPAも3.5以上あって、奨学金などももらっている。


「GMAT780もあれば、ハーバードでもウォートンでも、どこでも行けたんじゃないの?」
僕が聞くと、彼の回答は、
「そうかもしれないけど、お金がねぇ。」
とのこと。

そう、ここBYUのMBAには、彼のように、トップスクールへ行く実力が十分有りながら、あえてここを選んでくる人が少なくない。

理由は彼が言ったように、金銭的なものに負う部分が大きい。
BYUのMBAは2年間生活費込みで、500万くらいしかかからない。


卒業した後、給料が上がることは分かっていても、さすがに1000万以上の借金をすることはためらわれるようだ。


「投資銀行とかに興味はないの?たくさん稼げるでしょ?」

「ないことはないけど、僕にとっては引き換えに支払うものの代償が大きすぎる。あんなに働くのはまっぴらなんだよね。」


こういった、価値観の貫き通し方は、本当に興味深い。どんなに優秀でも、自分の中に確たる価値観があって、それに従っている。本当に勉強になります。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01