MBAのオリエンテーションが始まる

|
全体のMBAオリエンテーションが始まった。

今回のClass of 2009は、全体で150人と、過去最大の規模で、最も留学生比率が高く、最もWorking Exprienceが豊富で、GMATの平均点も高い(平均660点)という。

マリオットスクールとしては、MBAプログラムの規模を、5年間で倍に引き上げる、という目標を立てているため、恐らくは学生の数は年々増加してゆくものと思われる。


流石、倫理観を強調するビジネススクールのランキングで2位に食い込んでいるプログラムらしく、ヒル学長の話は

「ビジネスにおける誠実さ」

だった。

自分が正直であるだけではなく、リーダーシップを発揮し、コミュニティの中で大きな影響を及ぼせるようなリーダーになることが重要だと話していた。

確かに、様々なスキャンダルが後を絶たないこの社会において「正直であること」や「誠実であること」のような、本来当たり前の特質は、今後益々社会全体にとって、重要な資質になってゆくのだろう。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01