奨学金を得る

|
合格がはっきりした段階で、奨学金を獲得するための最終手続きを急ピッチで進めた。

マリオットスクールのMBAでは、International Studentのために、CISという奨学金が用意されている。


この奨学金の内容は、聞いてびっくり。

1.授業料全額
2.教科書代
3.保険
4.生活費の半額

をすべてカバーしてくれるのだ。


このCISの存在こそが、僕が単願でマリオットスクールを目指していた理由の一つでもある。

通常1500万~2000万ほど掛かると言われているMBA留学を、このCISを適応することで、劇的に下げることができるのだ。

航空券や車などのお金を除けば、自己負担金は2年間の生活費の半額150万だけ、というまさに夢のような奨学金だった。


Appication Form、エッセイ3本、推薦状2通、財政証明書などいろいろな書類を提出したあと、電話で面接(?)を受けた。

面接といっても、日本人の枠はあまり競争がなく、申し込めばほぼ通ることは明白だった。

その場でCISを受けられることになった。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01