IELTS(アイエルツ)に取り掛かる

|
ブリガムヤング大学のMBAプログラムは、IELTS(アイエルツ)のスコアもTOEFLと同様に認めている。

IELTS(アイエルツ)とは、留学や移住、就労のために必要な英語能力認定テストで、英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルで実施している。TOEFLがアメリカやカナダで広く認められているのに対し、IELTS(アイエルツ)はイギリス、オーストラリア、ニュージーランドでよく使われている。


とにかく時間がなかった僕は、ネットや予備校を駆使し、攻略のためのプランを立て始めた。まずはGMAT同様、試験の概要を理解することから始めた。使ったのはこの参考書。


また、上記の参考書だけでは、戦略が不足すると思われたので、掲示板に書いてあった、Scotts English Success という英語のオンラインコースを受講することにした。これは非常によかった。分かりやすくて、価格もお手ごろだった。


これはかなりよいサイトで、いろいろな試験の取り組み方を学ぶことができた。また、演習問題も価格の割りにはたくさん入っていて、コストパフォーマンスがよかった。



次に演習だが、やはり基本はブリティッシュカウンセルの出している、公式の問題集だ。
1.Official IELTS Practice Material
2.IELTS On Track

この2冊が唯一の公式参考書で、多くの受験生は買わざるを得ないと思う。Advanceの演習用に、ケンブリッジの参考書も一つ購入したが、さすがにここまでは手が回らなかった。



さらに、リンゴエルエルシーという予備校にも数回通って、ライティングとスピーキングの手ほどきを受けた。この2領域だけは、フィードバックを貰わないと、伸びないと判断したためだ。


結局ここまでで1ヶ月の期間を消化し、6月のはじめにIELTSを受けることになった。



ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01