TOEFL,TOEIC & 英会話 対策 コーチングスクール PRESENCEとは

|
20090208135405.jpgプレゼンスは、杉村太郎氏が、ハーバード大学ケネディスクールに受験したときの受験ノウハウを中核に、TOEIC、TOEFL、GMATなどの語学系の資格試験の対策スクールとしてオープンした学校だ。
http://www.presence.jp/


プレゼンスの最大の特徴は僕の視点からまとめると、下記の3点に集約される。

1.コストパフォーマンス
TOEFLのすべての領域をカバーしているにも関わらず、最も高いコースでさえ20万で収まること。僕のような貧乏受験生にとっては非常に重要なポイントだ。


2.英語をまったく教えない授業内容
何 と、プレゼンスでは「英語」はまったく教えてくれない。その代わりに、「英語の勉強方法」を徹底的に叩き込まれる。これが、短期間で結果を出すための最重 要のポイントだ。TOEFLのそれぞれの領域で、どの参考書を、どのように、いつまでに消化していけば、どれだけの点数が上がるのかをレクチャーしてもら える。

下記がプレゼンスで使用している教材の一部。どれも選りすぐりだ。

  • TOEFLテスト英単語3800 (TOEFL iBT大戦略シリーズ)
  • TOEFLテスト基本ボキャブラリー2000語
  • TOEFLテスト完成ボキャブラリー2000語
  • TOEFL TEST対策iBTスピーキング
  • The Official Guide To The New TOEFL iBT Abridged Bilingual Edition with CD


    3.グループコーチング
    プ レゼンスのクラスは15人前後のグループコーチングの形式で行われる。このグループコーチングこそが、モチベーション維持の重要な仕掛けになっていて、 「あなたが頑張らないと、他の人のモチベーションが下がる」といった連帯責任を全員に負わせることによって、お互いに支えあう(?)仕組みができている。

    さらに、毎回のショートテストのスコアはその場で発表することになっていて、ホワイトボードにすべて書き出されるため、宿題をやらないでいるととんでもない恥をかくことになる。一度、3回続けて宿題をやってこなかったクラスメイトがいたが、

    「○○さん、やる気あるんすか?」
    とかなりみんながいる場で、なじられていた。



    コースが開始されて、先ず驚いたのは、宿題の量。毎回自習までの宿題が課されるが、その量は社会人にとってはかなりきついボリュームだった。第一回目のクラスの後、次の週までの宿題が出されるのだが、面食らってしまった。

    「では、次の週までに、まずは 単語500個覚えてきてください。それと…」

    1週間で500個なんて、受験生時代にも覚えたことがない。

    プレゼンスの受講生は、一事が万事、このようなペースで毎週を消化してゆくことになる。


    coach_satoshi.jpgプレゼンスは合う人、合わない人にはっきり分かれるが、僕にとってはよかった。僕は栗原コーチに担当してもらった。熱くて真剣なコーチで、毎回「大久保さん、ツメが甘いっすよ。」と言われ続けた。この話を妻にしたところ、妻もことあるごとに僕に対し、「あなた、ツメが甘いわよ」と言うようになり、少なからず困った。笑


    プ レゼンスに通って2ヶ月たち、中級コースを終了してTOEFL CBTを受験してみると、スコアはあっさり200点台に到達した。スタートラインが150点台だったので、50点のアップだ。喜びもつかの間、そのまま 数ヶ月勉強したがスコアが横ばいになったので、上級コースを受講する決意を固めていた。


    上級コースはさらにスパルタ度がましていたが、3ヶ月の上級コースを受講して再度TOEFLに挑むと、233点と、目標の240点の目前まで届くようになった。



  • ブックマークはこちら

    Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01