Selnate International School

|
留学したのは、BYUがある、ユタ州プロボ市。ここにある、Selnate International School という語学学校に入学した。
理由は簡単で、ユタ州プロボ市には、Selnate以外にGMATのクラスを開いている語学学校がないのだ。

provo.jpg
tracy.jpgこのSelnateのディレクターは、トレーシーといって、日本語が堪能な、大変よい人だった。
また、実際にGMATの授業を担当してくれたのはシェーンという先生だった。シェーンは、BYUの言語学のMaster Degreeを持っていて、本当はハーバードも合格していたが、学費が安いという理由でBYUを選らんだ秀才だった。

GMAT/GREコースは6名が在籍していて、国籍も多様だった。びっくりしたのは、40代、50代の生徒もいたこと。二人とも、もちろん結婚していて、子供も大きくなっている。それぞれ、母国の仕事を退職して、アメリカの大学院への入学を目指していた。




ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01