海外出産を経験する

|
第二子の奏(かなで)が生まれたのは、2007年1月1日のことだった。夫は無職の受験生。1歳の子供を抱え、言葉もろくに分からない異国の地で、新しい子供を出産する妻のことを思うと、たまらない気分だった。朝方に陣痛が来て、すぐに病院に向かった。


我が家にとって奇跡だったのは、素晴らしい人たちに助けられたこと。

主治医は、40年前に日本で宣教活動を行っていて日本語が話せるドクター・ワージー、看護しは妻の教会の友人のオータムさん。そして、つい2週間前に友達になった、日本人で看護師をされていたゆみこさんが同伴してくれた。


昼過ぎには、待望の第二子が生まれた。

神様の導きに従って、美しい人生を奏でて欲しい、という意味をこめて「奏(かなで)」と命名した。また、僕の恩師、President James A. McArthurの名前を取って、ジェームスというミドルネームをつけた。

ドクターワージー
DSCF2644.JPG
次男・奏(かなで)
DSCF2659.JPG



ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01