家族を連れて受験留学

|

2006年8月22日、N会長の勧めのとおり、アメリカへ家族を連れて出発した。


仕事を辞め、アパートを引き払い、貯金を切り崩して「受験勉強」をする。
後から考えてみても、本当に無茶な話だったと思う。
この決断に、ロジックはあまりなく、直感としか言いようがない。


しかし、この直感に従わなかったら、決して合格はなかった。
パズルのピースのように、この受験留学の間に、いくつか重要な出来事があったのだ。


●留学の目的

この半年間の間の達成目標は3つあった。

1.GMATを攻略すること
2.可能であれば面接を受けること
3.Admission Officeの人に直接会うこと

特に、GMATが最大の鬼門であることは明白で、結局8月から3月まで、GMATの対策に明け暮れることになった。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01