水漏れ事件

|
出産の直後、我が家を襲った事件があった。


事件発生

その日は、妻の退院の日だった。産後、妻は病院に入院していたので、その期間僕は息子の瞬と二人で家にいたのだが、朝からずっと瞬はぐずっていた。彼にとっては、母親がいない家にいるのは、はじめての経験だったので、きっと心配だったのだろう。


電話で妻と話をしているときに瞬に代わると

「ママ…」

と言ったまま、目には大粒の涙。


そんな訳で、ようやく退院する日は我が家にとって待ち遠しい日だった。11時過ぎに迎えに行き、帰宅したのは2時過ぎだった。

ところが、帰宅して水を出そうとしても、蛇口から水が出てこない。

「あれ?おかしいな?」

と思い、一階の人のところへ行くと、モップで床を拭いている。その人が言うには、水道管が破裂して、水が止まっているとのこと。


しばらくすると、アパートのマネージャーが飛び込んできて事情が分かった。僕が外出するとき、どうやら水道の水を出しっぱなしにしてしまったようなのだ。それが原因で、水道管が破裂、一階に浸水してしまったという。

「一階はひどい状況よ。お金を払ってもらうことになると思う。」

そう言ってマネージャーは立ち去っていった。



そうだ、保険があった!

折角の、家族の大切な日になるはずが、とんでもない事件が起きてしまい、生きた心地がしなかった。だいたい、賠償金を支払うような貯金は我が家にない。


困っていると、渡米の際に、ちゃんと保険に加入していたことを思い出した。ジェイアイ保険だ。確か、保険の項目に「賠償」の項目があったはず。

早速、ラスベガスの支店に電話をしてみた。セツコさん、という担当の方が対応してくれた。

ところが‥‥

「残念ながら、お客様の加入された保険では、カバーできません。」

という返答。


どうも、僕はうっかりして「海外 留学保険」に加入すべきところを「海外 旅行保険」に加入していたのだ。

「ホテルでしたら、対象になったのですが。。。」

とセツコさん。

僕たち家族は途方に暮れるばかりだった。



救いの手

それからの数日間は、いくらになるか分からない請求書に怯えながら、悶々として時間を過ごしていた。できることと言えば、お祈りすることくらいだ。事態は、完全に自分たちの力以上の世界に入っていってしまっていた。

事件発生から3日目、電話が鳴った。ジェイアイ保険のセツコさんからだった。

「実は、お客様の保険が下りる事になりました。」

とのこと。

「お客様があまりにお困りのようだったので、私が本社に掛け合って、今回は特別に対応できることになりました。」

どれほど、私たちがこの電話で救われたか、表現することはできない。結局、掛かったお金は15万くらいだったのだが、この電話で得た安心感は、お金には換えがたいものがあった。

本当に、セツコさんに感謝した。祈りは聞き届けられたのだ。奇跡だった。



ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.23-ja