義理の母の助け

|
第二子の奏が生まれて一週間後、妻の実家の母が、ヘルプにわざわざ日本から来てくれた。母は英語がまったく話せないにも関わらず、大変な思いをしながらアメリカに来てくれたのだ。

特に、ユタに行くためには一度サンプランシスコで乗換えをする必要があり、本当に大変だったようだ。


産後で、身動きが取れない妻と私にとっては、本当に涙がでるくらい、有難かった。母が来てくれなかったら、僕は勉強どころではなかっただろう。

DSCF2764.JPG


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01