GMATに光明が見え始める

|
GMATの勉強方法を考え直す必要があることは明白だった。

プレゼンスの方法は、GMATオフィシャルガイド 10th Editionをひたすらしゃぶりつくす、というものだったが、何度も解いているうちに、回答をすべて覚えてしまい、GMATの脳みそをまったく使っていないことに気づいた。
(これはプレゼンスの問題ではなく、僕自身の問題。)


そこで、通常のOfficial Guideに加え、新しい問題に取り組むために、Kaplan GMAT という定評のあった教材に手を出してみた。

これが大正解。付属されているCDに入っている問題を数回やり込んでから1月のテストを受けると、スコアは、

「550点」

と上を向き始めた。


さらにプリンストンレビューのCracking The GMAT 2006 という有名な参考書にも手を出し、2月の試験も受けてみると、

「560点」

というスコアで前回と最終的なスコアはあまり変わらなかったが、VerbalのRow Scoreは5くらい上がったので、手ごたえを感じ始めた。


スコアは確かに上がっている。しかし、あとチャンスは1度だけ。
僕は、追い詰められていた。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01