GMATを受けるも苦戦

|
GMATには年間受験回数5回、という制限があるため、3月がGMATの最終の提出期限だったことを踏まえ、逆算して11月から、受験を開始した。

プロボから車で30分ほど北のドレイパーへ行き、民間のテストセンターで受験をした。

GMATはコンピュータでの試験のため、受験終了と共にスコアが表示されるのだが、スコアをみて愕然とした。

「490点」

確かに初受験だったが、数ヶ月間、必死に勉強してきた結果がこれか、と思い本当に落胆した。まぁ、最初に受けたPowerPrepが350点だったことを思えば進展はあったというところか。


気を取り直して12月にまた受験してみると、なんと驚いたことに、またもや

「490点」。

このスコアには本当に堪えた。背水の陣で望んでいるのに、こんな端にも棒にも掛からないスコアを立て続けに出している自分が情けなかった。

正直なところ、この12月の時点で、本当にスコアを出しておきたかった。というのは、妻の出産が近づいていたからだった。。。


ブックマークはこちら

Powered by SEO対策


  • 留学生活の総括 ─ BYU、そして僕にとってのMBAとは何だったのか?
  • 社長(妻)への感謝
  • 子供達へのメッセージ
  • お世話になった一人ひとりへの感謝
  • MBAライフ最良の日 Part.2 ─ Marriott Schoolの卒業式
  • MBAライフ最良の日 Part.1 ─ BYUの卒業式
  • MBAのすべてのアサイメントが無事終了
  • 息子達とBYUを散歩する
  • MTCの打ち上げ
  • その他のファイナルプロジェクト

  • プロフィール


    明治大学政治経済学部卒業。帝人グループを経て、現在ブリガムヤング大学経営大学院マリオットスクールMBAプログラムに在籍。上司であるCEO(超・偉い・奥さん)と、新入社員(子供)二人の4人家族。 このブログは、まだ小さな2人の子供たちに、将来本にして贈るために書いています。


    BYU MBA日本人会公式サイト↓


    累計: 検索エンジン登録
    本日: SEO対策
    昨日: メール配信   アクセスアップ

    Powered by Movable Type 4.01